葉っぱの折り紙。簡単に子供でも立体に作れます。バラや桜にも♪

こんにちは。ゆきママです^^

折り紙で葉っぱの折り方というと、色々とありますね。

その中でも、今回は幼稚園の子供さんでも折れちゃう、立体で簡単に作れる葉っぱの折り方を2種類ご紹介します。

2種類と言っても、途中まで折り方は同じで、最後にハサミを使用するか、しないかの違いです。

実際に幼稚園の子供も作ってみて、その様子を最後の方にご紹介しているので、良かったら見てみて下さいね^^

葉っぱの折り紙を簡単に立体に作った完成写真は?

それではまず最初に、今回ご紹介する葉っぱの折り紙の完成写真をご覧下さい。

ハサミを使用して作った物と、ハサミ無しの2種類です。

見た目はハサミを使用した方がきれいに見えますが、幼稚園や保育園の幼児さんでハサミはまだ危ないな~っと思ったら、はさみ無しで作ってみて下さいね。

きれいな立体にするには、折り目が重要になってくるので、折り目をしっかりと付けるようにして下さい^^

[ad]

葉っぱの折り紙。簡単に作るのに必要な物は?

それでは次に、必要な物を準備していきましょう。

【必要な物】

*折り紙 1枚

*はさみ

*鉛筆

ハサミを使用しないで作る場合は、折り紙1枚だけ準備して下さい。

描くものは、鉛筆やボールペン等、裏に色がにじまないものがオススメです。

葉っぱ1枚につき、折り紙1枚準備して下さいね^^

[ad]

葉っぱの折り紙。簡単に子供でも立体に作れる折り方

それでは準備が整ったところで、早速葉っぱを折っていきましょう。

まず最初は、ハサミありの方からご紹介します。

折り紙で葉っぱの折り方①ハサミあり

1、点線で半分に折り、三角を作ります。

ゆきママ
ゆきママ

このとき、色の付いている面を上にしてから三角に折って下さい。

 

2、赤丸と赤丸が合うように、点線で折ります。

 

3、点線で半分に折ります。

 

4、更に点線で半分に折ります。

 

5、ここまで折ったら、一度開きます。

 

6、折り目に沿って、山折り谷折りと折ります。

 

7、折ったらしっかりと折り目を付けます。

ゆきママ
ゆきママ

ここでしっかりと折り目を付ける事で、葉っぱの立体感が出ますよ♪

 

8、ゆっくりと開き、下の部分を点線で少し斜めに上に折ります。

ゆきママ
ゆきママ

このとき、少し斜めにして折るのがポイントです。

 

9、鉛筆で写真のように弧を描きます。

ゆきママ
ゆきママ

この作業は、慣れて来たら省いても大丈夫です。

子供さんがハサミで切るときは、描いた方がキレイに仕上がりますよ♪

 

10、ハサミで切ったら、上の1枚をゆっくりと開きます。

 

11、形を整えたら完成です♪

ゆきママ
ゆきママ

かわいいリアルな葉っぱが完成しましたね。

続いては、ハサミを使用しない葉っぱの折り方②をご紹介します。

 

折り紙で葉っぱの折り方②ハサミ無し

1、作業1~8まではハサミ有りと同じように折ります。

 

2、上の1枚だけ開きます。

 

3、裏に返し、下の角を点線で斜めに折ります。

ゆきママ
ゆきママ

この折る角度や幅で葉っぱの形が変わってきます。

なので、お好みで調節して下さい。

 

4、斜めに点線で折ります。

 

5、点線で上に折ります。

 

6、上側の角も同じように折ります。

 

7、表に返して完成です♪

ゆきママ
ゆきママ

折る作業がハサミで切るより多いので、少し時間がかかりますが、こちらもあっという間に完成しましたね。

 

それでは、実際に幼稚園、年長、5歳の娘も折ってみたので、少しだけその様子をご紹介します。

娘

折り目はしっかりと付けて、

 

娘

少しだけ斜めにして折って、

 

娘

ハサミで注意して切って、

 

娘

ゆっくり丁寧に広げたら完成!

ゆきママ
ゆきママ

通常の15㎝角の折り紙で折ると、子どもの顔がすっぽりと隠れる大きさです。我が子はハサミ有りで挑戦してみましたが、事前に弧を書いてあげた事で、上手に切る事が出来ました。

 

15㎝角の折り紙を4等分や16等分した大きさで折って比べてみると、下記写真のようになります。

通常の15㎝角の折り紙で折ったバラひまわり葉っぱと一緒に飾る場合は、16等分した折り紙で折ると、丁度良い大きさになります♪

上記写真のバラの作り方はこちらを参考にして下さい。

折り紙でバラの立体な折り方。一枚で簡単に幼児でもかわいい花が作れます♪
折り紙1枚できれいな薔薇の花の作り方を2種類ご紹介します。難しい折り方も無いので、5歳の幼児でも作る事が出来ました。 沢山作って、花束やブーケー、リースやコサージュにして母の日や父の日のプレゼントは勿論、お別れ会等の席札としても活躍できそうです♪

作る用途に合わせて、葉っぱの製作を楽しんでくださいね^^

また、赤や黄色い折り紙で折って、秋の紅葉を楽しむ事も出来ます♪

落ち葉を集めて、薪にしてもかわいく仕上がりますね♪

 

緑の葉っぱは、春や夏のチューリップあじさい朝顔(あさがお)等沢山の植物に活用できます。

また、葉っぱを沢山作って画用紙にくっつけて、木の葉っぱとして飾っても素敵ですね♪

葉っぱを沢山作る際は、単色の折り紙1種類より、緑系の他の色や、柄付きの折り紙を混ぜると、立体感がより出て、かわいらしく仕上がりるのでオススメです^^

葉っぱの折り紙。簡単に子供でも立体に作れますのまとめ

お疲れ様でした。

かわいい葉っぱを作る事ができましたか?

実はこの折り方で、ハサミありの2~7までの作業を飛ばして作ると、平面の葉っぱが完成します♪

もし、幼稚園の年少さんや三歳児さんで、折る作業が少し難しい場合は、平面の葉っぱを作ってみて下さいね^^

春には桜の切り絵と一緒に飾るのも素敵です。

桜の折り紙、切り絵で簡単に平面の花びらの作り方。3月の飾り付けにも♪
折り紙で簡単に作れる平面の桜の花の切り絵をご紹介します。特に難しい折り方も無く、幼稚園や保育園の子供さんでも作れます。沢山作ってリースやひな祭り、卒園式、卒業式、入園式や入学式等、春の飾り付けに役立てて下さいね^^

色々な用途に活躍できる葉っぱなので、是非季節の花や植物と一緒に折ってみて下さい♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました