折り紙で箱。かわいい入れ物、キャンディーボックスの作り方。可愛いおりがみの箱ができる折り方。ゴミ箱にも最適です♪

今回は、見た目がとってもかわいいキャンディーボックスの作り方を紹介します。

小物入れやおしゃれなゴミ箱にもなるので、ぜひ作ってみてくださいね^^*

 

【完成写真はこちら】

名前のように、キャンディーのような形をした、可愛いボックスです♪

少し折り方が難しい箇所もあるので、幼児さんには難しいかと思います。

小学生なら低学年でも折れると思います♪

折り目が重要となってくるので、折り目を付ける箇所は間違えないように注意して折って下さいね。

ハサミも使わずに折り紙1枚で作れるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね^^*

 

また、人気の折り紙の本をまとめました♪
本の方が子供さんと折るときは勿論、子供さんが一人で折るときも見やすいのでおすすめです。
良かったらチェックしてみて下さいね。
折り紙の本。簡単・可愛い。人気の本はコレ♪
当サイトおすすめの折り紙の本を厳選してご紹介します!子供さんとの遊びは勿論、脳や心身、指先の発達にも良いので親子で折り紙遊びを楽しんでみて下さいね^^

折り紙でキャンディーボックスを折るのに必要なもの

それでは次に、必要なものを準備していきましょう。

【必要なもの】

・折り紙   1枚

 

準備するものはたった折り紙1枚です♪

なのであっという間に準備できちゃいますね。

今回は単色のシンプルな折り紙を使用しますが、柄付きの折り紙だとより一層可愛く仕上がりますよ。

ぜひお好みの折り紙を選んでみてくださいね^^*

 

折り紙で箱。かわいいキャンディーボックスの入れ物の作り方。ゴミ箱にもなります♪

それでは準備が整ったところで、早速折り紙を折っていきましょう!

1、白い面を上にして、縦、横半分に折り、点線で十字に折り目を付けます。

 

2、左右の端が真ん中の折り目に合うように折り、しっかりと折り目を付けたら開きます。

 

3、次は、上下の端が真ん中の折り目に合うように折り、折り目をしっかりと付けます。

 

4、裏に返して、一番左側の折り目に右端が合うように折り、折り目を付けたら開きます。

 

5、次は、左端を一番右側にある折り目に合うように折り、折り目をしっかりと付けたら開きます。

 

6、現段階で折り目が5本ついています。

 

7、裏に返して、右側を右から2番目の折り目に合わせて上に折り、折り目を付けたら戻します。

 

8、今度は同じようにして下に折り、折り目を付けたら戻します。

 

9、写真のようにバッテンの折り目を付けます。

 

 

10、バッテンの折り目がついたら、写真のように折っていきます。

 

11、作業10で折った右端のとがった部分を、写真のように広げていきます。

 

 

12、広げた部分の片方を矢印の方向へ倒します。

 

13、少し内側の矢印の部分を引っ張り出して、写真のようにします。

この部分の引っ張り出す作業をしないと、キャンディーボックスのひだがうまくできず、

失敗してしまいます。

なので、必ずこの作業は忘れずに行ってくださいね。

 

14、黒線で矢印の方向に折ります。

 

15、写真のように広げます。

 

16、左端も作業7~15まで同じように折ります。

 

17、裏に返します。

 

18、真ん中から、ゆっくり丁寧に開いて箱の形を作っていきます。

 

19、ひだの部分の矢印のところを、ゆっくりと丁寧に開いていきます。

この時、ビリっと、破けないように注意してくださいね。

 

20、開くと写真のようになります。

 

21、反対側も同じようにして開いて、真ん中を山折りにして形を整えたら完成です♪

 

写真だけではわかりにくかった方は、ユーチューブの動画も参考にしてくださいね。

動画だと細かい手先の動きが見れるのでわからないときはおすすめですよ♪

 

折り紙で箱。折り紙1枚で可愛いキャンディーボックスの入れ物の折り方まとめ

お疲れさまでした。

折り紙1枚でかわいいキャンディーボックスが完成しましたね。

折り目を沢山付けたり、最後にひだを破らないように広げたりと、決して簡単に作れるとは言えませんが、見た目がとっても可愛いので、ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね。

クリスマスの飾り付けはもちろん、誕生日会でちょっとしたお菓子入れにも最適ですね♪

色や柄を変えて、可愛いキャンディーボックスの手作りを楽しんでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました^^*

コメント

タイトルとURLをコピーしました