折り紙でお雛様の折り方。簡単に本格的で可愛いお雛様とお内裏様の作り方

ひな祭り

こんにちは、ゆきママです^^

節分も終わりひな祭りが近づいてくると、ひな祭りの飾り付けどうしようかな~っと考えていませんか?

そんな時は、100均で手に入る折り紙で、かわいいお雛様を折ってみてはいかがでしょうか?

そこで今回は、折り紙でお内裏様とお雛様の折り方をご紹介します。

難しい折り方も無く簡単に作れるので、子どもさんにもオススメです。

もし、途中で写真だけではわかりにくいな・・・っと思った人は、最後の方に動画も載せているので、良かったら参考にしてみて下さい^^

折り紙でお雛様を折った完成写真は?

それではまず最初に、今回ご紹介するお内裏様とお雛様の完成写真をご覧下さい。

平面で厚みのあるしっかりしたお雛様です。

単色の折り紙で折っても良いですが、和柄の折り紙で折ると、より本格的になるのでオススメです♪

ハサミも使用しないので、幼児でも安心して折る事が出来ますよ。

簡単に折れるお雛様ですが、三歳児さんには少し難しいかもしれません。

幼稚園の年中、年長さんや保育園の4~6歳の子どもさんなら折れると思うので、チャレンジしてみて下さい。

最後にちょこっとアレンジもご紹介しているので、良かったら参考にしてみて下さい^^

その他にも簡単に折れるひな祭りの折り紙あります。

折り紙で雛人形の作り方。簡単に子供でも3月の雛飾りが作れます♪
3月の折り紙で、ひな祭りの飾り付けをご紹介します。簡単い折れるものが多いので、幼稚園や保育園の子供さんと一緒に作るのにもオススメです。手作りした雛飾りで桃の節句をお祝いしてみて下さいね。

良かったら参考にして下さいね。

折り紙でお雛様を折るのに必要な物は?

それでは次に、お内裏様とお雛様を折るのに必要な物を準備していきましょう。

【必要な物】

*折り紙 2枚

 

以上です。

準備するものは、折り紙2枚です。

1体につき1枚使用します。

お内裏様とお雛様を折るので、単色の折り紙は勿論、素敵な色や柄の折り紙で折ってみて下さいね。

このお雛様は顔を描くスペースがちょっとしかありませんが、もし、顔も描きたい!っという人は、マジックやペンも準備して下さい^^

折り紙でお雛様の折り方。簡単に本格的で可愛いお雛様とお内裏様の作り方は?

それでは準備が整ったところで、お内裏様とお雛様を折っていきましょう。

まず最初に、お内裏様の折り方からご紹介します。

お内裏様の折り方

1、点線で折り目を付けます。

 

2、左右の角を、点線で先ほど付けた中心の折り目に向けて折ります。

 

3、裏に返して、点線で中心に向けて折ります。

 

4、上と下の角が合うように、点線で半分に折ります。

 

5、点線で上に折ります。

 

6、表に返して、点線で上に折ります。

ゆきママ
ゆきママ

このとき、下の角が上の白い角より上に来るように折ります。

 

7、点線で下に折ります。

 

8、点線で上に折ります。

ゆきママ
ゆきママ

上の白くちょこんと出た三角が、顔になります。

その三角が少し隠れるくらい折り上げます。

 

9、点線で内側に折ります。

ゆきママ
ゆきママ

折った部分が手になります。

折り紙が分厚くなって少し折りにくいので、しわがよらないようにゆっくり丁寧に折って下さい。

 

10、お内裏様の完成です♪

後ろの部分が浮くので、もし気になる人は、後ろをのり付けして下さいね。

ゆきママ
ゆきママ

あっという間に折り紙でお内裏様が完成しましたね!

続いて、お雛様を折っていきましょう。

 

お雛様の折り方

1、点線で折り目を付けます。

 

2、中心の折り目に向けて、左右の角を点線で折ります。

 

3、裏に返して、点線で中心に向けて折ります。

 

4、上の角が下の角に合うように、点線で半分に折ります。

 

5、下の角を、点線で上に折ります。

 

6、表に返して、点線で下の角を上に折り上げます。

ゆきママ
ゆきママ

このときも、お内裏様の時と同じように、上の白い角が隠れるように、上に折り上げて下さい。

ここまでは、お内裏様と同じ折り方ですね。

ここから先は少しだけ違ってきます。

 

7、上の角を点線で折り、写真のように中に入れます。

 

8、点線で内側に折ります。

ゆきママ
ゆきママ

お内裏様と同じように、折った部分が手になります。

お雛様なので、肩幅が余り広くならないように注意して折って下さいね。

 

9、お雛様の完成です♪

お内裏様同様、後ろが浮いてしまうので、気になる人はのり付けして下さい。

それでは、折ったお内裏様とお雛様を並べて見ましょう。

ここでちょっと気になったのが、頭のとんがり(笑)。

ゆきママ
ゆきママ

これで完成でも良いのですが、頭の部分がとんがっているので、お雛様の頭を少しアレンジしていきます。

 

折り紙でお雛様のアレンジ術

1、点線で後ろに折ります。

 

2、完成です♪

お内裏様は帽子を被っているので、とんがっていても良いですが、お雛様は折ってあげた方が柔らかい印象ですね♪

これは好みの問題なので、お好みでアレンジしてみて下さいね。

柄付きの和紙で折って、桜を散らせると一層華やかになるのでオススメです。

また、お雛様に扇子を持たせても素敵ですね。

扇子の折り方こちらを参考にして下さい。

折り紙で扇子の簡単な作り方。正月飾りやひな祭りにもオススメ♪
超簡単な扇子の折り方を紹介します。折り紙1枚で作るとかわいらしい扇子が、2枚で作るとより豪華な扇子が完成します。子供でも簡単に作れるので、正月飾りや、ひな祭りの飾り付けに、かわいい扇子を一緒に作ってみて下さいね^^

今回折った扇子の大きさは、15㎝角の折り紙を16等分した3.5㎝角の折り紙で折りました。

細かい作業になりますが、良かったら合わせて折ってみて下さいね^^

 

もし、写真だけではわかりにくかったという人は、ユーチューブの動画も参考にしてみて下さい。

折り紙(おりがみ)・お内裏様とお雛様

動画の方が細かい動きがわかりますよ^^

折り紙で雛人形の折り方のまとめ

いかがでしたか?

簡単に折る事は出来ましたか?

最後の方は、折り紙が少し厚くなっていて折りにくいので、子供さんが上手く折れないときは、ママが手伝ってあげて下さいね。

お雛様とお内裏様だけだと寂しいので、その他ひな祭りの飾り付けも良かったら作ってみて下さいね。

折り紙で雛人形の作り方。簡単に子供でも3月の雛飾りが作れます♪
3月の折り紙で、ひな祭りの飾り付けをご紹介します。簡単い折れるものが多いので、幼稚園や保育園の子供さんと一緒に作るのにもオススメです。手作りした雛飾りで桃の節句をお祝いしてみて下さいね。

今年の桃の節句が素敵な思い出になりますように♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました